投資会社はFXの証拠金状況の管理も行います

投資会社はFXの証拠金状況の管理も行います

投資の際にFXは証拠金状況の確認を行いながらロスカットルールへの理解を深める必要があります。 様々な投資会社がありますが、基本的に投資会社はFXの証拠金状況の確認を行っていきます。
そのため確認の結果において、お客様の証拠金維持率がロスカット水準を下回ってしまった時には、投資会社は、投資家に何ら通知す当社の任意により、お客様の
新規注文を取消すことが可能になります。

 

新規注文が存在しなかった場合にも、投資家の証拠金維持率がロスカット水準を下回っている時には証券会社は、投資家に通知せず、会社の任意によりカットすることができるようになります。お客様の計算を行うためにも必要になります。このように定めによる決済を「ロスカット決済」と呼んでいます。FXの手続きにはしっかりこのような規定が必要です。基本的にロスカット決済は、損失を限定するものではないので、外国為替相場の急激な変動等によっても、本口座に差し入れ可能になります。そのため証拠金の額以上の損失が発生することもあります。お客様は了承し手続きを行うことができます。ロスカット水準は、証券会社の判断により変更することができるものとします。
基本的にはFXの決済等によって損失の額が本口座に差し入れている証拠金の現金残高の額を上回った時に必要です。
証券総合取引口座に入金されていても、振替が行われていない時には、現金の差し入れはないものと判断が可能になります。
取引注文のFXにおいても負けてしまった投資家の方に担保を預けている方株式等の資産をお預かりしている場合にも、当該資産を処分が可能です。そのため投資の際には注意しましょう。
取引手数料およびその他の諸経費は、証券会社の判断により変更することが可能です。常に情報を確認し有意義な投資を行ってくことが大切です。
また証券会社は、お客様の資産状況等もしっかり検討します。取引状況等を見た上、当社が別途定める基準によって、お客様の本口座における取引を制限可能することになります。
十分に利用規約を確認しましょう。